媚薬とは、性欲や精力の付く食品や薬品の総称で、種類もかなり幅が広くなります。まずは基礎から媚薬について見ていきたいと思います。あなたも後悔することのない良い媚薬選びをしましょう。

2016年08月の記事一覧

媚薬は個人代行輸入業者だけでなくクリニックで購入

媚薬といっても、取り扱われるのは女性用ED治療薬として販売されているものが主です。男性に限らず女性でもEDの症状とされる女性機能障害があり、症状として性交渉をする際に膣内が潤わないため痛みを伴い、性交渉そのものが苦痛になることがあります。この症状を改善する方法として女性用ED治療薬である媚薬を使用することが挙げられます。男性のED治療薬として有名なバイアグラの有効成分にシルデナフィルがありますが、これは女性にも同様に陰茎部への血流を良くすることが分かっています。そこで媚薬を使用することで女性器への血流を良くし膣内の潤いを促進することが出来るとされ、性交渉時に感じる痛みを軽減することにつながるとされています。
媚薬を製造している製薬会社は海外ではインドやアメリカなどにあり、これらは個人代行輸入業者から購入することが出来ます。しかし日本では女性用ED治療薬としての効果を承認しておらず、日本製の媚薬を探すことは非常に難しく、クリニックでの購入は難しいと言えます。そのため購入するためには個人代行輸入業者からの購入のみ、と思った方が良いでしょう。そのため購入する際はクリニックで一度試してから、ということが出来ないので、口コミなどを利用するとその効果を知ることが出来ます。媚薬の中には天然成分から作られたサプリメントや潤滑ゼリーなどもあり、薬よりも気軽に使用することが出来るものもあります。まずは口コミで効果を調べ、安心して使用できそうなものを選ぶと良いかもしれません。
媚薬といっても使用することで必ず性的に興奮するわけではありません。パートナーと協力し、ムードのある雰囲気を楽しんだりすることで気持ちを盛り上げることが必要ですが、性交渉にストレスを感じないようにすることが最も大切なのかもしれません。

続きを読む

勃起障害の治療薬と媚薬と名称について

日本では、勃起障害や早漏症、射精障害の様々な症状で悩んでいる男性が多いです。
勃起障害の治療薬は、大手製薬メーカーから販売され、日本でも多くの男性が利用しています。
病院や専門クリニックでは、勃起障害の治療にPDE5阻害薬を使うケースがほとんどです。
PDE5阻害薬を服用すると、血流が良くなり、陰茎海綿体に血液が流れ込んで勃起します。
PDE5阻害薬は、媚薬とは違います。
日本では、様々な名称を持つ媚薬が販売されています。
中には、怪しい製品も存在するので、注意が必要です。
PDE5阻害薬は、病院や専門クリニックで診察を受けて、勃起障害だと判断された場合に処方されます。
最近は、個人輸入代行会社を利用して、PDE5阻害薬を購入する人もいます。
ただ、個人輸入代行会社を利用する場合は、自己責任での使用となります。
インターネット上には、偽物も出回っているので、正規品のみを扱っている信頼できる会社を選んで購入することが大事です。
勃起障害の改善には、薬による治療と同時に、生活習慣を見直して生活習慣病を予防することも大事です。
生活習慣病は、勃起障害の原因になることが多いからです。
特に糖尿病や高血圧症は、血管にダメージを与えるケースが多いので、注意が必要です。
飲酒の習慣がある人は、アルコールの過剰摂取には気を付けた方がいいです。
アルコールを大量に摂取すると、脳の中枢神経の働きが弱くなり、脳からの信号を伝える機能に障害が出ることがあります。
脳からの信号を伝える機能が妨げられると、一時的に勃起不全を発症することがあるのです。
若い人の場合、ストレスが勃起不全の原因となることが多いです。
なるべくストレスを溜めないようにして、睡眠を十分取ることが大事です。

続きを読む